不二家の業績下方修正でSnow Manの“商品価値”に打撃か…ファンはXmasケーキ爆買い恩返しも

公開日: 更新日:

 2020年からイメージキャラクターを務める9人組アイドルグループ「Snow Man」を全面に押し出すキャンペーンも、業績をけん引するほどではなかったのか――。

 1月26日、製菓・洋菓子大手「不二家」は2月13日の本決算発表前に、2023年12月期決算の業績予想を下方修正した。不二家の前期は売上高1060億円、営業利益22億円、最終利益14億円で着地する見通しだという。前々期(22年12月期)が売上高1006億円、営業利益43.3億円、最終利益31.7億円だったことから、前々期比でおよそ5%の増収だが、大幅な減益となる。

「不二家は洋菓子と製菓の2つのセグメントで構成されています。売り上げの6割超を占める製菓において、中国の景気減速と中国政府による日本製品の輸入制限による販売不振、昨今の原材料の高騰、製品の値上げが業績に大きく響いています。23年12月期の下方修正はこれで3度目です」(証券アナリスト)

 不二家と言えば、故・ジャニー喜多川氏(享年87)の性加害問題で、旧ジャニーズSMILE-UP.)のグループやタレントとの広告契約の見直しを行う企業が相次ぐ中、Snow Manとの契約続行を宣言。そのため、“スノ担”と言われるファンからは、《ファンの気持ちを一番わかってくれている不二家さん》《一生買い続けます》といった、熱烈な〝不二家推し〟の声が相次いでいた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?