松本人志の「5億円訴訟」は高いのか、安いのか…6億円もあった過去の週刊誌賠償請求

公開日: 更新日:

 5億5000万円って少なくないか?

 松本人志(60)が予告通り文芸春秋と週刊文春編集長を相手取り、名誉毀損による損害賠償と記事の訂正を求めて提訴した。

 だが、請求額を聞いて、松本の本気度にやや疑念を抱いたのは、私だけだろうか。

 松本が年間に稼ぐ額は「10億円は下らないとされる」(スポニチ1月23日付)そうだから、裁判が2年続くとして20億円の損失。それに自己都合の活動停止のためにCMなどの違約金が発生するとすれば、30億円くらい請求してもおかしくはない。

 なぜなら、2006年、テレビで売れっ子だった占い師・細木数子が週刊現代を名誉毀損で訴えたときは6億6000万円だった(後に細木側が不可解な取り下げ)。

 2009年には週刊現代で八百長疑惑を報道され、名誉を傷つけられたとして横綱・朝青龍ら力士30人が約6億1000万円の損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁は「記事は真実とは認められない」として、講談社側に4290万円の支払いと記事取り消し広告の掲載を命じた。後に大相撲の八百長は事実だったと判明するのだが、私が知る限り、これが賠償額としては史上最高である。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる