NHK朝ドラ「ブギウギ」はこれからが面白い! 美空ひばり役は誰だ?

公開日: 更新日:

 昭和のスター笠置シヅ子がモデルのNHK連続テレビ小説「ブギウギ」は、逆境でますます元気になるヒロイン福来スズ子の明るさ、演じる趣里の軽快な歌と踊りが好評だ。動画再生数も伸びているが、ドラマとして面白くなるのは実はこれからだ。

(以下、ネタバレあり)

 恋人・村山愛助(水上恒司)との子どもができ、大喜びのスズ子は歌手をやめて結婚しようと決めて新居も用意する。ところが、なんということか、肺結核を病んでいた愛助が出産直前に亡くなってしまう。悲傷憔悴……。それでもスズ子は、生まれてきた娘と生きていこうと自分を励まし、再びステージに立つ。そして生まれる爆発的ヒット曲「東京ブギウギ」!

 ブギウギは8ビートのジャズで、笠置は「大阪ブギウギ」「さくらブギウギ」「ヘイヘイブギー」などブギものを連発し、「ブギの女王」と呼ばれた。ワンマンショーでは観客が劇場を取り巻き、高額納税者番付で2位になる売れっ子に。そんなとき、笠置そっくりの振りで歌って踊る天才少女が現れた。美空ひばりである。

 ひばりはたちまち人気者となり、笠置は嫌っていたが、後に才能を認めて、「もう自分の時代ではない」と歌手を廃業、笠置は俳優業に専念した。映画「おくさまは18歳」で祖母役を演じ、クレンザーのテレビCMでは「カネヨン」のおばさんと親しまれた。1985年に70歳で死去。

「朝ドラがどこまで描くか、まだ明らかになっていませんが、スズ子の波瀾万丈の人生はまだまだ続き、歌手としての絶頂期はこれからです。そして、注目は美空ひばりを誰が演じるか。上白石姉妹なら歌も芝居も達者ですし、松岡茉優あたりもいいかもしれませんね。スズ子の子ども時代を演じた澤井梨丘ちゃんが、ひばりの少女時代をやるという情報もあります。話題は尽きません」(テレビ情報誌編集デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる