桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

阿川佐和子にマツコ・デラックス…テレビの申し子たちが痛烈にテレビを批判

公開日: 更新日:

「テレビの創成期と同じ状態になった」

 暮れの「紅白」を見てもわかるように若者の間ではやっていることを大義名分に、それが正義と言わんばかり。ましてや先人に敬意を表し、教えを請う気は毛頭ない。そんなテレビが面白いわけがないのだ。

 これはデジタルネーティブ世代がパソコンやスマホを手にしたことで万能感を持ち、上のアナログ世代が使い方がわからず、彼らに教えを請う逆転現象が起き、先達へのリスペクトが薄れたからではないか。「博士ちゃん」を見ていると昭和歌謡や昭和家電にハマる子がいるが、彼らの方が先人を尊敬し、歴史に学ぼうとしている。今の30代、40代よりよっぽど話が合いそうだ。

 先週の「アウト×デラックス2024 鳥肌が辰!?最強アウト集結SP」に阿川が登場し、テレビについて「若者を取り込もうとして無理に若作りしようとしている」と指摘。「インスタグラマーとか出せばいいとか思ってるのよね」とマツコが同調。さらにサワコは「若者は本当に見てないテレビになっちゃったということは、テレビの創成期と同じ状態になったみたいなこと」「どうせ誰も見てないんだから思い切ってやれよ」とダメ出ししていた。

 最近、出演者からのテレビへの苦情をよく見かけるようになった。出演者もいよいよテレビヤバいと思い始めているのだろう。

 制作者は彼らの声や言葉に耳を傾け、過去から学び、作りたいものを作ればテレビは浮上するのではないか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も