桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

冬ドラマは原田泰造「おっさんのパンツ」がイチ押し、次点は真島秀和「居酒屋新幹線」

公開日: 更新日:

 冬ドラマが続々とスタートし始めている。毎クール増え続けている印象のドラマ枠で、今期も地上波、BS合わせて40本ほど。その中からゲンダイ読者にも楽しめそうなドラマを紹介したい。

 まず原田泰造主演「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(フジテレビ系)。原田演じる主人公の沖田誠は事務機器リース会社の営業戦略室長。旧来型の仕事人間でデリカシーがなく、古い常識や偏見がこびりついたアラフィフのおっさんだ。会社では「女の子が入れたお茶の方がおいしい」とか「おまえ、男だろ。押しが弱くてどうする」などと言っては若い社員たちに顰蹙を買う日々。

 家では韓流アイドルに入れあげる妻と娘に「こんな女みたいな男、どこがいいんだか」と言って嫌われる。大学生の娘は腐女子。高校生の息子は引きこもり。飼い犬も懐かず、吠えられる始末だ。

 正直、いまどき、どこの会社でもコンプライアンス研修などが行われ、パワハラ、モラハラ、セクハラについては学習済みで、この手の発言をする上司がいること自体信じがたいが、ドラマなので目くじら立てず。なぜならそんな男が息子に「お父さんみたいにはなりたくない!!」と拒絶されて撃沈。自分の価値観をアップデートしていくのが見どころだから。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ