「どうする家康」大コケの松本潤が“開店休業”状態…視聴率が取れない主演を認める広告主はいない

公開日: 更新日:

 昨年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主演を務めたマツジュンこと松本潤(40)の次回作が全く決まらないという。

「現在、嵐の活動が休止中のためマツジュンはドラマや映画などでバリバリ働きたい希望があるようですが、肝心のオファーが来ていないようです。マツジュン本人もこの状況をうすうす察知し、かなり苛立っています」(制作関係者)

 大河の主演を務めたマツジュンを巡っては当然のごとくエンタメ界で争奪戦が勃発しているのかと思いきや、閑古鳥が鳴く状態に陥っているという。

 ジャニーズの新会社である「STARTO ENTERTAINMENT」の関係者は大慌てというが、その理由は明らか。スポーツ紙芸能担当記者はこう話す。

「主演ドラマ『どうする家康』が全話世帯平均視聴率11.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。これは2019年に放送され、全話世帯平均視聴率8.2%(同)だった中村勘九郎阿部サダヲがダブル主演した『いだてん~東京オリムピック噺~』に次ぐ歴代視聴率ワースト2位。過去のワースト2位記録ホルダーは井上真央が主演した世帯平均視聴率12%の『花燃ゆ』(2015年)と松山ケンイチが主演した『平清盛』(2012年)の2人。マツジュンはこの歴史を塗り変えたんです」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」