吉高由里子「光る君へ」初回がNHK大河“歴代最低”発進も…「むしろ良かった」の声があがるワケ

公開日: 更新日:

 7日にスタートした吉高由里子(33)主演のNHK大河ドラマ「光る君へ」は、初回の平均視聴率(世帯12.7%、個人7.5%、関東地区=ビデオリサーチ調べ)が歴代最低の数字となったものの、「むしろ良かった」(テレビ誌ライター)なんて声もある。

 初回視聴率は2022年の「鎌倉殿の13人」が17.3%、昨年の前作「どうする家康」が15.4%と右肩下がりで、《これは厳しいスタート》などなど、ネット上には先行きを心配する書き込みも少なくない。

「ただ、初回7日の裏番組は、テレビ朝日系の人気特番『芸能人格付けチェック!2024お正月スペシャル』で、世帯視聴率は20%超えでした。リアルタイムで『格付け』を見て、『光る君へ』は録画でゆっくり見たいという視聴者が多かったようです。来週も人気の『ポツンと一軒家』のスペシャル番組だけに、大河の数字は伸びないでしょうが……」(スポーツ紙芸能デスク)

 通常放送に戻れば、回復するだろうと見る向きは多い。

「ネット上を見回しても、『光る君へ』自体の評価は高いんですよ。初回の“衝撃展開”も《この先が気になる》などとおおむね好評で、主演の紫式部役の吉高さん、紫式部が思いを寄せる藤原道長役の柄本佑さんなど、演技派を揃えた配役についても、“旧ジャニタレ”が出ているだけで見ないというアンチに好感を持たれている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」