吉高由里子「光る君へ」まさかのホラー展開でつかみはOK! NHK大河のジンクスを覆せるか

公開日: 更新日:

 吉高由里子(35)が紫式部を演じるNHK大河ドラマ「光る君へ」が7日にスタート。前作「どうする家康」の全話平均視聴率が《歴代ワースト2位》と散々な結果に終わっただけに、逆に注目を集めていたが、SNS上では《この急展開…この大河、ただものじゃないかもしれない予感》などとおおむね好評で、まずまずの滑り出しとなったようだ。

「ネタバレになるので詳しくは話せませんが、吉高さんファンをはじめ、大半の視聴者は派手な衣装に身を包んだ優雅な“キラキラ大河”を想像していたのが、実際にはなかなかのドロドロっぷり。いい意味で“期待”を裏切られたことを評価する声が目立ちます。まあ、つかみはOKと言ったところでしょうか」(テレビ誌ライター)

 放送前には、「源氏物語」紫式部の生涯が題材というだけで《スイート大河》なんて揶揄する向きもあったが、意表を突かれた視聴者が多かったようだ。

「そもそも紫式部については生没年も不明と史料がほとんどないわけで、登場人物などの“大枠”は別として、幼少期の細かなエピソードはすべて脚本家の大石静さんのオリジナル。SNS上で話題になった“衝撃シーン”もそうですが、むしろそれが功を奏すると思いますね。ただでさえ大河は、歴史ファンから《史実と違う》などとツッコミが入りやすい。『どうする家康』はまさにそうでした。が、『光る君へ』は史料が少ないから、逆に脚本家の自由度が高くなる。そのぶん苦労も多いでしょうが、そこは大石さんの腕の見せ所で、どう描くかを楽しみにしているファンも少なくありません」(スポーツ紙芸能デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい