へずまりゅう能登半島地震の現地入り報告 思い起こされる江頭2:50の“3.11隠れボランティア”

公開日: 更新日:

《冷やかしdmは辞めてくれ。俺はガチで石川まで行くから。それと一緒に物資を追加で買うの手伝える人いる? トラックだからそこそこ物資も乗るし何往復もしないようにスムーズに届けたい》

 こうXにポストしたのが、元「迷惑系ユーチューバー」のへずまりゅう(32)。へずまは、最大震度7の地震に襲われ、甚大な被害に見舞われた石川・能登地方に支援物資を届けるために現地入りをした。

 地震発生直後に《地震の被害に遭われた方はいますか? 今すぐ物資を届けるので安全確保されて待っていて下さい》とポスト。迷惑行為でこれまでさまざまなトラブルを起こしてきたへずまの有言実行の行動に称賛する声もあがっているが、現地にボランティアが殺到することで交通渋滞を招いたり、消防や自衛隊による救助や支援活動のさまたげになることから、自治体から募集の呼びかけがない限り、一般人の現地入りは自重するべきとの声が少なくない。

■有名人のボランティアは人気取りか?
 
 特に有名人の場合、支援活動の様子をSNSで発信するケースがあることから、現地のリアルな様子がわかる一方で人気取りや売名と取られることが少なくない。そこで思い起こされるのが、タレントの江頭2:50(58)の過去のボランティア活動だという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで