NHK紅白が第1部30%割れでジャニオタ歓喜だが…“NOジャニーズ”は本当にダメージだった?

公開日: 更新日:

「第74回NHK紅白歌合戦」の視聴率が30%割れしたことが話題になっている。1月2日、各メディアは同番組の第1部(午後7時20分から8時55分まで)の視聴率が29.0%、第2部(午後9時から11時45分まで)については31.9%だったと報じた(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。視聴率が30%を下回るのは2部制となった1989年以降で初だが、この結果に勢いづいているのがジャニーズファン(現SMILE-UP.ファン)だ。

 旧ジャニーズ事務所にとって2023年といえば、同社社長を2019年まで務めていた故ジャニー喜多川氏による性加害の事実が明るみ出た1年。同年9月にはNHKが紅白の出演者について「ゼロ」と発表するなど、44年ぶりとなる「NOジャニーズ」での開催が注目を集める一方、旧ジャニーズファンからは怨嗟の声が続出する結果となった。

 そして年が明けてからの視聴率の発表。近年の視聴率の低落傾向を踏襲したかのような30%割れという結果については、旧ジャニーズファンから《そっか紅白ジャニーズいないからごっそり視聴率落ちてんのね。ウケる》といった声がX(旧ツイッター)に噴出。特に、22年まで紅白に出場していた「Snow Man」のファンからは《裏で正々堂々ケンカ買ったSnow Manは最高にかっこよかったよ》といった声があがるなど、旧ジャニーズファンの高笑いがこだましている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今