著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

有村架純がキンプリツアーで髙橋海人を「お忍び鑑賞」していた! 松本潤と髙橋の“確執”懸念も…

公開日: 更新日:

 12月19日発売の「女性セブン」が報じたKing & Prince髙橋海人(24)と有村架純(30)の熱愛報道がファンや芸能関係者の間で波紋を広げている。2人のキンプリで、決意も新たにアリーナツアーを終えたばかりの熱愛報道にSNSではファンの悲鳴が上がっている。

 このツアーを取材した週刊誌記者に話を聞くと「関東近郊でお忍びで来場した有村の姿を目撃したのですが、これはあくまで3年前の『姉ちゃんの恋人』でのドラマ共演からのインビテーションと思っていました。ところが熱愛中という今回の報道に、正直きつねにつままれたような感じです」と驚きを隠せない。

「メジャーデビューから5年少々のアイドルが既に交際3年目で“通い同棲”と報じられたダメージはあまりにも大き過ぎます。しかも相手は人気女優とはいえ6歳も年上です。キンプリを支える若いファンたちはドン引き状態ですよ。今年2月にリリースした『Life goes on/We are young』は5人のキンプリとして最後ということもあったのでしょう、グループ史上最高となる100万枚超えのセールスを記録しましたが、2人体制になってからはセールスもファンクラブ会員数も急降下中。この状況下での熱愛報道は危機管理意識が欠如しているといわれても反論のしようがないでしょうね」(音楽関係者)

 改めて髙橋の周辺を取材してみると、関係者の間から頻繁に漏れてくるのは先輩である嵐・松本潤(40)との微妙な関係だ。松本といえば、今年10月、大河ドラマ「どうする家康」の内幕を「週刊文春」が暴いた記事の中で、過剰なまでの有村への“寵愛ぶり”が話題になった。松本が有村に手土産でプレゼント攻勢をかけていたこと、NHKに300万円もの予算を使わせて有村との旅ロケをさせたことなどが記事には書かれていた。

「髙橋と有村の熱愛報道が公になったことで、結果的に松本と有村の関係は闇に隠れる形となりました。ただ、プライドの高い松本がこのまま口を閉ざして悶々としていられるのかどうか……。幸せ気分を満喫している髙橋に逆恨みをしかねないのではと注目しています」(芸能関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路