イノッチに続き櫻井翔が“道連れ”? ジャニタレに「有働由美子と一緒に番組卒業」のジンクス

公開日: 更新日:

 日本テレビ系の夜の報道番組「news zero」の有働由美子キャスターが来年3月で交代すると発表され、月曜キャスターの桜井翔もこれをきっかけに降板するという見方が強まっている。そこで聞こえてくるのが、「やっぱり有働はジャニタレの鬼門なのかねえ」というおちゃらかしだ。

 有働と帯番組に出演する旧ジャニーズタレントは、有働が交代する時に一緒に卒業するというジンクスで、なるほど、NHKの朝の生活情報番組「あさイチ」の井ノ原快彦はそうだった。有働がメインキャスターを降板することが決まると、トリオで番組を進行していた井ノ原と柳澤秀夫(当時NHK解説委員)も「3人一緒に船を下ります」と辞めてしまった。

 そして、今回は桜井が……というわけなのである。なぜ、旧ジャニタレは有働と“道連れ”になってしまうのか。番組制作会社のプロデューサーはこう言って笑う。

「有働の司会は実に巧みですから、共演者やゲストは気が付くと彼女のペースにはまっている。帯番組はそれが毎日や毎週ですから、サブキャスターも“有働色”がすっかり染み込んで、メインキャスターが代わったらうまくやっていけるか不安になりますよ。制作スタッフも、だったら総入れ替えにしたほうがいいだろうと判断するのでしょう」

「news zero」の後任メインキャスターは日テレの藤井貴彦アナが決まっているが、深夜に藤井と桜井のおじさん2人の掛け合いはイメージしにくい。桜井が残っても、有働の時のような軽妙なやりとりにはならないだろう。

 で、有働がキャスターを辞める理由は何なのか。「次の新たなことにチャレンジする時は今しかないと考え、1年半前から相談させていただいて」と話している。1年半前からということは、「news zero」を引き受けて3年目にはもう“転職”を願い出ていたということだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ