「ブギウギ」で7年ぶりドラマ市川実和子、出ずっぱり市川実日子…好対照姉妹が再注目のワケ

公開日: 更新日:

 “ブギの女王”歌手の笠置シヅ子をモデルにその生涯を描いた、趣里(33)主演のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」で、久しぶりのテレビ出演が話題になっているのが、女優の市川実和子(47)だ。

 作曲家の服部良一をモデルにした草彅剛(49)演じる羽鳥善一の妻、麻里を好演している実和子は、1990年代から「non-no」「Olive」などのファッション誌でモデルとして活躍し、女性から絶大な支持を得ている。

 97年のドラマ「ラブジェネレーション」(フジテレビ系)で、木村拓哉(51)が演じる主人公の片桐哲平が暮らす部屋に貼られたポスターの美女役での出演が女優デビューとなった後、「私立探偵 濱マイク」(日本テレビ系)、「GOOD LUCK!!」(TBS系)など数々のドラマに出演しているが、「ブギウギ」は7年ぶりのテレビドラマだという。

「テレビに出なくなってからも、映画には出演していましたが、16年以降は女優活動をセーブし、モデル活動のほか、飲食店でアルバイトをするなど、気ままな生活を送っていたと言われています。2歳年下の妹の実日子とともにカリスマ的人気を集めたモデル時代と変わらぬ存在感を女優になってからも維持していましたが、一時、自らの意志で映像作品とは距離を置いていたそうです。そんな実和子がブギウギに登場し、往年のファンからは『和服姿が似合う』『賢婦人役がピッタリ』『草彅剛、市川実和子、カツオくん、この3人の空気感がいい』と評判です」(芸能ライター)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」