城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

SNSで話題!マネージャーが仕掛ける「山本譲二メタル化計画」は成功する

公開日: 更新日:

 譲二は、とても素直な人間だと思う。かつては毎年夏に、業界人やマスコミを集めて大きなビアパーティーを開いていた。みんなとそれぞれ乾杯してガブガブ飲んでいたので、最後は立ち上がれなくなったり、何を話しているのかわからなくなっていた。

 僕らも「先にインタビューを済ませましょう」とわかっていて、後は気持ちよく飲んでもらっていた。酔ってくると、本音トークが炸裂。「若い頃はファンクラブの人数が凄かったが、恋愛報道が出た途端に数が半減。結婚したらまた半減で、4分の1になってしまった」と明かしたり、相手に合わせてエロトークもノリノリだった。

 ただ、2019年に大腸がんの手術を受けてからは酒量を減らし、飲む時は「3時間まで」と決めているそうだ。僕なんかは「それってまだ飲み過ぎでは?」と思ってしまうが。

 メタル化計画の話に戻すが、八代亜紀がジャズを歌ったり、美川憲一がシャンソン、小林幸子が“ラスボス”キャラになったり、他ジャンルに進出するケースが増えた。譲二もこの流れに乗って、「メタルロックっぽい演歌」をつくってみてはどうか。

 若い人がイベントに呼ぶかもしれないし、長年のファンは驚くだろう。歌はめちゃくちゃうまいのだから、やろうと思えばいつでもできる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽