2023年「芸能人の結婚」を総ざらい 「水卜麻美アナ×中村倫也」が好印象No.1に輝いたワケ

公開日: 更新日:

 今年も残すところあと半月。この一年も芸能人の結婚が芸能ニュースを賑わせたが、結婚情報メディア「ハウツーマリー」編集部が、20~60代の男女100人を対象に「2023年に結婚した芸能人夫婦の中で最も憧れるカップル」を発表している。

 その結果、66票という圧倒的な得票数で第1位を獲得したのは、中村倫也(36)×水卜麻美アナウンサー(36)(3月)だった。それ以下、2位は葉山奨之×きゃりーぱみゅぱみゅ(3月)、3位は、GENERATIONSの片寄涼太土屋太鳳(1月)と続く。水トアナ×中村倫也に関しては、「お付き合いしている事すら全くバレないくらいお互いきちんとされていたし、お互いに支え合っている印象が強い。中村さんのボケを水卜ちゃんが突っ込むとか、料理が得意な中村さんなので水卜ちゃんと2人で料理ができたり2人でいつまでも楽しい夫婦でいる予想が一番つくから」などの理由が挙げられている。

 ふたりの結婚発表をめぐっては、水卜アナが総合司会を務める「ZIP!」(3月27日放送)で、大幅な時間を割いて「生報告」が行われ、中村も出演。当時、水卜アナが結婚を報告したインスタグラムでは、74.7万もの「いいね」が付けられ祝福ムードにあふれた。その印象が強烈だったと考えられる。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう話す。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」