柳葉敏郎「秋田・東京」2拠点生活の充実 NHK朝ドラ「ブギウギ」好調&「踊る大捜査線」は新作

公開日: 更新日:

 ベテラン俳優の柳葉敏郎(62)が意気軒高だ。

 柳葉は、NHKの朝ドラ「ブギウギ」で趣里(33)演じるヒロイン・スズ子の父親・梅吉役を好演している。

 梅吉は、気のいい道楽者で、妻ツヤ(水川あさみ)に頭が上がらず、仲むつまじかったが、妻は病死、息子は戦死とつらい出来事が続き、酒に溺れてスズ子に迷惑ばかりかける「ダメダメなお父ちゃん」に転落。そのあまりのしょうもなさに、SNS上では、「こんな父親はイヤだ」という意見と同時に、“同情論”も起きている。

 柳葉の見事なダメ親父っぷりも奏功し、戦争の暗い影に包まれていく悩めるヒロイン・スズ子から目が離せなくなるのか視聴率は好調。スタート約1カ月半後の11月17日に放送された第35回は、世帯平均17.0%(個人9.6%)で、番組最高を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現在も、15~16%で推移しているが、これは昨今の朝ドラの中でも高水準。今後、さらなる上昇が見込まれている。

 柳葉はさらに、織田裕二(55)主演の人気シリーズ「踊る大捜査線」の続編映画の製作が決定したと報じられたばかり。イメージ定着を嫌った織田が続編に難色を示したとか、織田と柳葉との“確執説”なども取り沙汰されていたが、そうした障害を乗り越え、ついに2月にクランクインする見込みという。柳葉は再び、当たり役となった警察官僚・室井慎次役を演じる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も