赤西仁が「まつもtoなかい」で10年ぶりバラエティー出演 “辞めジャニ”続々フジ返り咲きのウラ

公開日: 更新日:

「約10年ぶりのバラエティー番組出演」として、12月17日に放送される「まつもtoなかい」(フジテレビ系)に出演する赤西仁(39)が話題だ。

 同番組は、ダウンタウン松本人志(60)と中居正広(51)がゲストとフリートークするバラエティー。旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)所属の元KAT-TUNの赤西と元SMAPの中居が対面するのはレアで、番組公式Xで公開された15秒間の予告ダイジェストは、たった1日で550万回再生を突破。300件を超えるコメントが書き込まれた。

 番組は今年4月30日にスタートして、初回ゲストは元SMAPの香取慎吾(46)。香取と中居が2016年のグループ解散以降、公の場で対話するのは初とあって注目されたが、今回はそれに次ぐリアクションといっていい。

 赤西は、06年にKAT-TUNでデビュー。亀梨和也(37)との“仁亀”コンビで人気を二分した。グループ時代から海外志向が強く、現役ジャニーズでツイッター(現X)と中国版のツイッター「ウェイボー」(微博)に初めて着手。今ではXが89.8万人、ウェイボーは驚異の314.4万人、インスタグラムは78.7万人でフォロワーが多い。

■ロサンゼルスと東京の2拠点生活

 グループ時代から海外でのソロ活動を優先した。海外留学や米国5都市でソロコンサートツアー、全米配信でソロデビュー、ハリウッド映画へ出演ほかグローバルジャニーズの先駆者。14年の退所後は、米ロサンゼルスと東京の2拠点生活。俳優の黒木メイサ(35)との間にもうけた1男1女を育てるパパでもある。

 アイドルの概念を覆す生き方に共鳴する仲間は多く、元関ジャニ∞錦戸亮(39)は赤西の後を追うように19年に退所。2人でユニット「N/A」としても活動し、YouTubeチャンネル「NO GOOD TV」を開設。コロナ禍の20年に山田孝之(40)、小栗旬(40)らとのプライベート動画を複数本公開すると、軒並み200万回再生を超えた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」