本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

怖くないんですか? 千葉真一さんに聞くと「『おまえならできる』と言い聞かせている」

公開日: 更新日:

千葉真一の巻

 ユーチューブで「キイハンター」を見て、20年以上前に番組に来ていただいたことを思い出しました。物心ついた頃から、いつもテレビで華麗なアクションで魅了し、長年憧れの大スターでした。そんな千葉さんが「トミーズのはらぺこ亭」(関西テレビ)に出演され、お会いする機会ができたのです。

 20年近く前で、当時は60代になっていらっしゃいましたが、筋骨隆々で画面の中から飛び出して来られたような姿はそのまま。多くのスターがそうだったように「おはようございます。千葉です。今日はよろしくお願い致します」と姿勢を正して挨拶される姿が、カッコイイ!

「スタッフのみんながいるから、映画もドラマもアクションシーンも撮影できるんですから、みんな仲間ですよ」と若いスタッフひとりひとりに同じように挨拶をしながらサラッと言われる姿がまたカッコイイ!

「構成の本多です。『キイハンター』や『アラーの使者』の時代から大ファンです」とご挨拶すると「ありがとうございます! 長いですね」とニヤリとしながら握手をしていただきました。あの手の分厚さはいまでも覚えています。収録が終わってお帰りになるまで完全に“いちファン”として横についていました。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  2. 2
    大谷翔平が新妻を隠し切れないメジャー奥様会のしきたり…「ファッションショー」に慈善活動、レッドカーペット

    大谷翔平が新妻を隠し切れないメジャー奥様会のしきたり…「ファッションショー」に慈善活動、レッドカーペット

  3. 3
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 4
    誰も言わないけど…「ブラタモリ」終了の本当の理由は「面白くなくなったから」 質の低下は民放の旅番組みたい

    誰も言わないけど…「ブラタモリ」終了の本当の理由は「面白くなくなったから」 質の低下は民放の旅番組みたい

  5. 5
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  1. 6
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  2. 7
    日経平均株価が4万円に迫る中…J-REIT(不動産投資信託)が低迷する3つの理由

    日経平均株価が4万円に迫る中…J-REIT(不動産投資信託)が低迷する3つの理由

  3. 8
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  4. 9
    ドジャース大谷は「負の新婚ジンクス」を吹き飛ばせるか…松井秀喜、イチロー、ダル、マー君も1年目は苦~い思い出

    ドジャース大谷は「負の新婚ジンクス」を吹き飛ばせるか…松井秀喜、イチロー、ダル、マー君も1年目は苦~い思い出

  5. 10
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル