浜崎あゆみダンサーズの“きつねダンス”がシュールだった?「クセ強すぎ」と視聴者ビックリ

公開日: 更新日:

 12月6日放送の「FNS歌謡祭 第1夜」(フジテレビ系)に歌手の浜崎あゆみ(45)が登場。「A Song for ××」を熱唱したが、その際の演出に視聴者から驚きの声が上がった。

 浜崎といえば、近年は多数のダンサーを従えて歌うのが通例。今年のFNS歌謡祭もその例に漏れず、十数人を従えてのパフォーマンスだったが、そのダンサーズのいでたちが注目を集めた。ダンサーズ全員が能楽で用いられる「狐面」を被っていたからだ。

 ダンサーズは仮面を被りつつ、着物をアレンジした衣装に身を包みダンスを披露。仮面を外したのはパフォーマンスの終盤だった。スタジオの照明が暗めだったこともあり、熱唱する浜崎の周囲では狐面があたかも浮き上がっているかのようにも見え、狂言の舞台のような妙に和風な光景には《浜崎あゆみの周りのキツネ集団なんなの シュールでじわじわくる》《バックダンサーの演出がクセ強すぎて…》《狐のインパクトが強くて、あゆがどこにいるかわからない》といった、演出のインパクトが強かったという声が上がった。

「浜崎は自身のコンサートでは時折、日本の伝統芸能を取り入れたパフォーマンスを行っていて、昨年のカウントダウンライブでは和太鼓パフォーマンスグループの『梵天』を招いていました。ただ、『ダンサー全員が狐面』という演出は極めて異例です」(週刊誌芸能担当記者)

 意表を突く“きつねダンス”に多くの視聴者が度肝を抜かれたということか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ