前田吟
著者のコラム一覧
前田吟俳優

1944年、山口県生まれ。俳優座養成所を卒業。ドラマ「若者たち」、映画「ドレイ工場」「孤島の太陽」などに出演し、「男はつらいよ」シリーズに69年の第1作から最終、2019年の第50作まで全作品に出演。「渡る世間は鬼ばかり」ほかドラマ、映画、舞台からバラエティー番組の司会まで幅広く活躍。

(1)一緒に入った温泉で見た 渥美清の背中の「大きなノの字」の傷痕

公開日: 更新日:

 防府天満宮そばで産湯につかり、捨て子同然にもらわれて育った少年がやがて役者となり、国民的映画「男はつらいよ」で憧れの渥美清と出会う。前田吟が初めて語る「男はつらいよ」。前田吟と寅さんの世界をお届けする。

 ◇  ◇  ◇

 前田吟と渥美清の初共演は1966(昭和41)年に始まったTBSの1話完結ドラマ「泣いてたまるか」だった。その最終回のタイトルが「男はつらい」(68年)。主演・渥美清、出演は前田吟、小坂一也、「タコ社長」太宰久雄ら。この脚本を担当したのが稲垣俊と映画「男はつらいよ」を48作撮った山田洋次監督だった。

 前田は68年TMC(東京メディアシティ)のレモンスタジオで憧れの渥美と初めて居合わせる。

 ◇  ◇  ◇

 渥美(清)さんとの最初の出会いは「裸」でした。衣装部屋でね。渥美さんはスタジオで何かのドラマに出ていて、僕は別のドラマを撮るのでそこに行っていた。ドラマが違っても着替える部屋が一緒だから。

 僕は着替えながら「今度『泣いてたまるか』の最終回でお世話になる、前田です」と挨拶しました。すると、渥美さんは「あ、そう」と何げなくおっしゃってから、「君が出てるのはよく見てるよ」と言ってくれた。あの渥美さんが僕のドラマを見てくれてる。そう思うとドキドキしてうれしかったですね。

 その時、渥美さんも着替え中で裸でした。渥美さんとはそんな「裸の付き合い」から始まりました。

 でも、もしかすると裸じゃなかったのかなと思った時があります。「男はつらいよ」の33作「夜霧にむせぶ寅次郎」(84年8月)でのこと。舞台は北海道の釧路、北海道ロケです。マドンナは中原理恵さんでした。熊が出てきて、大騒動になる話です。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ