芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

二宮和也が「ブラックペアン」続編を退所後の初仕事に選んだウラに“子供のお受験”問題

公開日: 更新日:

 嵐・二宮和也(40)主演で2018年4月期にオンエアされた『ブラックペアン』(TBS系)の続編が来年7月期、前回同様“日曜劇場”枠で決まったと『週刊女性』(12月12日号)が報道した。実現すれば、二宮にとっては今年7月期の『VIVANT』に続いて2年連続で同枠の出演となる。

 二宮は『SMILE-UP.』(旧ジャニーズ事務所)からの退所してまだ1カ月強。いわゆる“辞めジャニ”……旧ジャニ退所組の岡田准一(43)、生田斗真(39)の現状を改めて説明するまでもないが、独立後のリアクションが余りにも早過ぎる印象は否めない。しかもこのドラマは、今まで何度となく続編の企画が浮上しては頓挫するのを繰り返してきたドラマだけに、首を傾げている芸能関係者もいる。

「二宮は旧ジャニ事務所を退所するにあたって、性加害問題が原因でCMや映画、ドラマの仕事が次々になくなる現実を目の当たりにし、『怖くなったし不安になった』とコメントしましたが、実は理由は他にもあったのではないかと言われています。その答えのひとつがこの続編決定の報道です。ドラマの制作決定はとても1、2カ月で着地する話ではありませんから、二宮は2人の娘たちの有名幼稚園へのお受験のためにも、早急に旧ジャニと関係を清算する必要があったのではないでしょうか。子供たちが物心着いた時“パパのいる事務所は……”では将来的にも不安だということだと思います」(芸能プロダクション関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道