流行語大賞から「芸人の一発ギャグ」が消えたワケ…ブルゾンちえみ「35億」トップ10入りが最後

公開日: 更新日:

 年末恒例の「2023ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)の表彰式が1日、都内で開催。年間大賞にはプロ野球で38年ぶりに日本一に輝いた阪神の岡田彰布監督の「アレ(A.R.E.)」が選ばれた。

 3月に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での「ペッパーミル・パフォーマンス」など、野球用語がトップ10に入りがちな傾向は指摘されているとはいえ、「蛙化現象」「生成AI」「闇バイト」などがランクインする中、エンタメ関連でトップ10入りしたのは、独創的なダンスで話題となった「新しい学校のリーダーズ/首振りダンス」だけだった。

 ただし、選考委員特別賞として、お笑い芸人の「とにかく明るい安村」がイギリスのオーディション番組で披露して話題となったフレーズ、「I'm wearing pants!(アイム・ウエアリング・パンツ)」が選出された。

「流行語大賞に選ばれるとその芸人は消える」というジンクスもある中、2000年以降は、芸人の一発ギャグは常連で、「なんでだろう~」(03年)、「って言うじゃない…/…残念!!/○○斬り!」(04年)、「フォーー!」(05年)、「そんなの関係ねぇ」(07年)、「グ~!」(08年)、「ラブ注入」(11年)、「ワイルドだろぉ」(12年)、「ダメよ~ダメダメ」(14年)、「安心して下さい、穿いてますよ。」(15年)、「PPAP」(16年)、「35億」(17年)などがトップ10入りしていた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格