本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

山本陽子さんは本当に清楚で艶やか! 「女優・山本陽子」を無意識に演じているよう

公開日: 更新日:

 日本を代表する和装美人の代名詞といえば山本さん。20年以上前に「トミーズのはらぺこ亭」(関西テレビ)にゲストで来られた時も、落ち着いた着物姿で登場し「皆さまおはようございます。山本陽子でございます。今日はよろしくお願い致します」と丁寧に頭を下げられた姿が本当に清楚で艶やか。「本物の山本陽子や……」と見とれてしまう美しさでした。

 トークが始まると画面で見るイメージとは違って、チャキチャキの江戸っ子らしく、ご自身からグイグイ話をされ、豪快に笑い、本当に楽しそうにされていたのが印象的でした。トミーズの雅くんが「もう、聞き飽きてはると思いますけど、お奇麗ですよね」と伺うと「ありがとうございます。でも姪っ子には“おばちゃん(山本さん)より、ママの方がきれい”っていつも言われてます」「マジですか? なんちゅう美人姉妹やねん! ご両親鼻高々でしょうね!」「そんなことありませんよ~!」と大笑い。

「いつも着物姿で家事なんてしていないイメージなんですけど、(家事を)されることあるんですか?」「家ではジーパンで、料理を作るのも好きですし、お掃除とお洗濯はもっと好きですね。着物姿で清楚なイメージというのはテレビの中だけです」「そんなん言うて構いませんのん?」と雅くんが聞くと「いけなかったかしら? でもそうだから仕方ないですよね。ごめんなさい、イメージ崩しちゃって」と口元を押さえながら、上品に笑うのでした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道