松尾潔
著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

まさに中学受験? 大企業があげる過去最高益と危機的な生活苦が同時発生する現代ニッポン

公開日: 更新日:

 メディア露出が多く、テレビで軽妙なトークを披露することもある著者には、これまでも大きな信頼を寄せてきたが、単著を購入して読むのは初めて。結論から言うと、これは面白くてためになる本です。多芸多才のおおたさんは小説を書く心得もおありだとみた。

 ネタバレにならないように帯の文言を以下引用する。まずは表紙面から。「夫婦関係を犠牲にしたら、子どもは第一志望に合格する/そんな取り引きがあったら、どうしますか?」。そして裏表紙面には全3章の紹介文がある。「合格から逆算し受験をプロジェクト化する夫、わが子を褒めることができない妻」「受験への出費をいちいち渋る夫、受験伴走も仕事も下の子の面倒もワンオペする妻」「夏期講習よりもサマーキャンプを優先したい夫、夫を透明人間のように扱う妻」。

 紹介文を読むだけでお腹いっぱいと敬遠する向きがあるかもしれないが、各章末に「解説」と銘打たれたページが整腸薬の働きをしてくれる。この配慮はじつに心憎い。心理カウンセラー経験を持つ著者の、より肉声に近い語りが聞こえてくるようだ。巻末の略歴によれば、おおたさんは1973年東京都生まれ。男子御三家として名高い麻布中・高を卒業した後、国立と私立の大学で学び、リクルート勤務を経て独立。中高の英語教員免許や私立小非常勤講師の経験まであるのだから、そりゃあ説得力も半端ないわけだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ