篠原涼子に“不倫&離婚”の遅れてきた代償…主婦層そっぽで「ハイエナ」視聴率ワーストNO.1

公開日: 更新日:

 女優の篠原涼子(50)にレッドカードが突き付けられている。

 不倫スキャンダルをものともせず10月期に始まったドラマ「ハイエナ」(テレビ東京系)では、山崎育三郎とともにダブル主演を務めドラマ界に不死鳥のごとく復活を果たしたかに見えていた。しかし、世間は甘くなかった。期待された視聴率は現在ワースト1位を更新中なのだ。

■主婦層が総スカン

「初回(10月20日OA)こそ3.9%だったものの2話目以降は2%台をウロウロし、計5回までの世帯平均は2.7%。個人1.5%と最悪な結果を叩き出しています。テレ東内では早くもこの『ハイエナ』の責任を問う声が上がっています。敗因は明らかです。この『ドラマ8』枠の大事な視聴層である主婦層からそっぽを向かれたからです」(ドラマ関係者)

 この話はテレビ界にあっという間に伝播したという。

「Netflix配信ドラマ『金魚妻』でバストやヒップをさらすなど濡れ場を解禁したことで人気を取り戻したと思われていたが、実際は違った。不倫スキャンダルの影響は物凄く大きいということですよ」(芸能プロ関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」