二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

松嶋菜々子・反町隆史が結婚23年目で初共演 夫婦タレントは「CM業界の救世主」になる

公開日: 更新日:

 結婚23年目の松嶋菜々子反町隆史夫婦が「資生堂」の男性化粧品のCMで初共演。一説には「当初、木村拓哉の予定が性加害の問題で白紙に。代わって反町夫婦になった」ともいわれていた。「素の自分で演じるのが一番難しい」と言いながらも自然な夫婦の風が流れているように見えた。

 CMは夫婦関係がリアルに演出されるだけに注目度は高いが、その分、さまざまな意見も飛び交う。

「いい感じの夫婦」と好感度アップにつながることもあれば、逆に「今さら一緒に出て、嫌みね」と思われることもある。

「おしどり夫婦であることが前提。万が一、夫の浮気などスキャンダルが発覚すれば、ダメージは計り知れない」(芸能関係者)といわれるだけに、松嶋&反町に関しては問題なしとの判断だったはず。

 最近の夫婦のCM出演で思いつくのは3組。タレントのヒロミ松本伊代は日頃からお互いのことを公言する仲の良さがCMにつながった。漢方のCMに出演する俳優の原田龍二と元女優の愛はレアなケースだった。車中不倫が発覚して窮地に追い込まれた原田。事実を認め、平身低頭謝罪。夫の誠意が伝わり、夫婦仲に問題なしを証明するサポートに「家族愛」をテーマにする製薬会社が乗り出し夫婦をCMに起用する奇策だった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」