藤原紀香「翔んで埼玉」続編が絶好調! 梨園の妻にも慣れて“露出”マシマシ確実

公開日: 更新日:

 歌手のGACKT(50)と女優の二階堂ふみ(29)のダブル主演映画「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」(武内英樹監督)が、公開初日の23日から4日間で、興行収入6億2961万6310円、動員44万4546人を記録し、全国興収ランキングで1位の好スタートを切った。配給元の東映が27日に発表した。

 公開初日だけで興収2億1415万2300円を記録。興収37億円超を記録した2019年公開の前作「翔んで埼玉」との同期間比でも160.9%とロケットスタートを切ったが、話題になっているのが劇中での歌舞伎俳優・片岡愛之助(51)と女優・藤原紀香(52)夫妻の共演だ。

「兵庫出身の紀香は神戸市長役、大阪出身の愛之助は大阪府知事役。ともに郷土愛を前面に押し出し方言もバッチリなので違和感がない。初日の舞台挨拶では、地方の公演で来れなかった愛之助のメッセージを紀香が観客に伝えていました」(映画関係者)

 2016年3月に愛之助と再婚し“梨園の妻”となった紀香。結婚後、しばらくは女優業をセーブし、愛之助をバックアップしていた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」