フジ「うちの弁護士」ムロツヨシと平手友梨奈に“不協和音”なし シリーズ化&映画化に視界良好

公開日: 更新日:

「シリーズ化、映画化も視野に入っているようです」(スポーツ紙芸能デスク)

 そんな期待も高まっているのが、ムロツヨシ(47)主演の連ドラ「うちの弁護士は手がかかる」(フジテレビ系=金曜夜9時)。ヒロインで天才新人弁護士・天野杏役を平手友梨奈(22)が演じており、この天野に振り回されるパラリーガルの蔵前役がムロだ。

 ドラマ放送途中でムロが腹膜炎のため入院。内容が一部変更されるというアクシデントもあったが、それさえもドラマの内容でエンタメ化し、視聴者を離脱させなかった。

「スタッフの手腕はお見事ですね。フジテレビの“金曜9時枠”がドラマ枠として復活するのは実に54年ぶり。その時間にフジのドラマを見るという習慣がなかったにもかかわらず、『うちの弁護士』は話題性、評判ともに上々で、枠の復活を印象づける役割はすでに十二分に果たしたように思います」(エンタメサイト編集者)

 24日放送の「うちの弁護士」第7話の平均視聴率は世帯6.4%、個人3.6%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)。初回からだいたい6~7%台を行ったり来たりで、数字的に高いとまでは言えないもの、今期の連ドラの中では、TBS日曜劇場「下剋上球児」、テレビ朝日火曜9時枠「家政婦のミタゾノ」に次ぐ数字だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大