秋篠宮邸“30億円改修工事”で宮内庁の広報下手また露呈…長官の説明が言い訳がましいワケ

公開日: 更新日:

《宮内庁の判断で整備した部分の工事費が結果的に高額になってしまい、少しでも費用を抑えたいという秋篠宮ご夫妻のお気持ちに十分応えられず、大変心苦しく思っている》
 
 22日の定例記者会見で、宮内庁の西村泰彦長官がこうコメントしたのは、昨年9月に完成した秋篠宮邸の大規模改修工事について。今回、西村長官のコメントは、11月30日の誕生日に先だって行われる秋篠宮さまの記者会見を前に、秋篠宮家への批判をかわす目的があったのではという声が上がっている。

 現在の秋篠宮邸は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となるのに伴い、大幅増員された職員の執務環境整備などのため大規模改修が行われたものだ。

「秋篠宮邸の大規模改修は昭和47年の竣工以降一度も行われなかったため、皇嗣家となったタイミングと重なり納得感がありました。しかし、ふたを開けると、総工費およそ30億円という庶民感覚とかけ離れた金額に批判の声がいまだに続いています。それにしても、今回の長官のコメントは唐突すぎるという印象が持たれています」(宮内庁担当記者)

 秋篠宮ご夫妻は少しでも費用を抑えたいというご意向を持たれていたというが、「大食堂にシャンデリアや黒大理石の棚が備えられるなど、設えが豪華すぎるという指摘もありました」(皇室ジャーナリスト)

■費用削減のはずが…

 秋篠宮家側近の加地隆治皇嗣職大夫は今年6月30日の定例記者会見で、次女の佳子さまが秋篠宮邸に引っ越しされず旧御仮寓所に住み続けられている件について、改修費用の削減を念頭に置いたものだと説明していた。

「結婚前の眞子さんと佳子さまを含むご家族すべての居室を維持すると、予算がオーバーするためという説明でした。しかし、これによっていくら費用が削減されたのかの説明もなく、結局トータルで莫大な費用がかかってしまっている。西村長官はコロナ禍による工期延長と感染対策費用がかさんだことで、公の部分の工事費が高額になったと宮内庁側が泥をかぶったような説明をしていますが、言い訳にしか聞こえないという声が上がるのは無理もないでしょう」(女性週刊誌記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」