碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

NHK夜ドラ「ミワさんなりすます」は“なりすましドラマ”の大本命!

公開日: 更新日:

 今年の夏から秋にかけて、「なりすましドラマ」が目立った。主婦が有名女優になりすました「この素晴らしき世界」(フジテレビ系)。女子大学生が友人のキャラクターを借りて就活をする「わたしの一番最悪なともだち」(NHK)などだ。

 なりすますとは、「実際はそうでないのに、なりきったふうをする」こと。それを主要な要素としたドラマを「なりすましドラマ」と呼ぶなら、現在放送中の夜ドラ「ミワさんなりすます」(NHK)は、本命といえる一本だ。

 映画オタクの久保田ミワ(松本穂香)は、ひょんなことからスーパー家政婦・美羽さくら(恒松祐里)になりすまし、世界的俳優・八海崇(堤真一)の邸宅で働いている。

 現時点でこの秘密を知っているのは八海とさくらだ。八海はミワと映画愛を共有し、さくらはミワを通じて知る八海情報を楽しんでいる。熱烈な八海ファンであるミワは、正体がバレそうになるたびにドキドキしたり、反省したりと大忙しだ。

 原作は青木U平の同名漫画。脚本は「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)や「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けてきた徳尾浩司だ。松本が演じるミワは原作以上に天然系で応援したくなる。また堤の八海は原作よりも人間味があって親近感が持てる。

 生きることに不器用でも、何かを「好きであること」自体が才能だと教えてくれる佳作ドラマだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」