大ヒット映画「ゴジラ-1.0」を徹底分析 都民が被爆するのをアメリカ人はどう受け取る?

公開日: 更新日:

 公開から3日間で興行収入10.4億円、すでに観客動員数も100万人を超える大ヒットになっている、山崎貴監督の「ゴジラ-1.0」。12月1日から北米での公開も始まるが、そのヒットの要因を、この間、山崎監督や主要キャスト全員に取材した立場から探ってみよう。

 ヒットの第一の要因は「シン・ゴジラ」(2016年)から7年の空白期間を経て、人々の中にゴジラ映画に対する飢餓感があったことだ。観客動員数551万人、興行収入82.5億円の大ヒットを飛ばし、新たなゴジラ・ファン層をつくった「シン・ゴジラ」の、次の作品を多くの人が待望していた。作り手としてはこのヒット作の後を受けて、どんなゴジラ映画を作ればいいのかが悩みどころ。そのハードルの高さは山崎監督も感じていたそうだが、クリエーターの一人として逆に自分もゴジラ映画を作ってみたいという欲求が高まったとか。

 そこで山崎監督が考えたのが、徹底した「シン・ゴジラ」と同じ路線にならないアプローチ。「シン・ゴジラ」が3.11を経た日本における、リアルな都市部の災害シミュレーション映画なら、「ゴジラ-1.0」は時代を現代に設定せず、日本が自衛隊などの防衛組織を持たない第2次世界大戦末期から数年後までを舞台にした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ