安室奈美恵の楽曲“サブスク消滅”状態続く…ファンからの「復活して」の声やまず

公開日: 更新日:

 11月16日、2018年に引退した元歌手の安室奈美恵(46)の楽曲が各種サブスクリプションサービスと公式YouTubeから視聴できなくなったニュースは衝撃をもって迎えられたほか、権利者がコンテンツを引き上げてしまうと手元に何も残らないという、サブスクの弱点が露呈するなど大きな話題となった。

 あれからおよそ2週間経ってもなお、X(旧ツイッター)には「安室奈美恵のサブスクはいつ復活しますか…」といった声が絶えない。

 このニュースはまずネットメディア「ねとらぼ」が報じ、スポーツ各紙が後追い。「サブスク消滅は契約見直しやリミックスがあるゆえの、重複している楽曲を整理するため」という関係者の声を横並びで報じていたが、その後は詳細な報道はなく、ファンからのサブスク復活を願う声がこだますばかりなのだ。

 楽曲消滅の可能性の1つとして過去の騒動を挙げるのは、芸能に詳しい週刊誌記者だ。なんでも、その因縁は9年前に遡るという。

 9年前の2014年には『女性自身』が、安室が所属先の芸能事務所から独立を画策していると報道。その独立話はいったんは消滅したものの、翌15年に安室は事務所を移籍しているが、これについて同記者は語る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋