【追悼】伊集院静さん 女性にも男性にもモテた“男伊達”の生涯 “大人の流儀”を体現

公開日: 更新日:

 作家の伊集院静さんが亡くなった。享年73。数々の名小説、エッセーを残した最後の無頼派だった。交友関係も文壇のみならず芸能界、スポーツ界と幅広く、酒とギャンブルを愛し、女性にも男性にもモテにモテた。

 日刊ゲンダイには何度も登場していただいた。

 2017年4月のインタビューでは、悩み多きサラリーマンに「私が世のサラリーマンに言いたいのは転勤、左遷、親会社の変更、終身雇用の崩壊とかいろんな“さよなら”があるだろうけど、そこで踏ん張るしかない。踏ん張らなければ光は見えないということです。姿勢を正しくして、アイツは眺めがいいなという人になれ。眺めとは何か。これはヤセ我慢。我慢をするしかないんです。違っていることに対して違うと言える人間になれということ。そして目の前にあるものをすぐに取りに行くなということ。先にあるものは何かを見る目を養うことが大事です。東芝にはそれが見えなかった。原子力開発は永遠だと思ったのでしょう。会社のトップが間違えるとああいう悲劇を生むことになる」と厳しくも熱いエールを。

 また、「上り坂、向かい風を選べばもちろんキツイ。でも、それを経験しないと次の景色は見えません。私の考えでは困難なものに立ち向かっていくという人間の姿勢、姿、そこにこそ真理がある。真理とは揺るぎないものです。困難なものに立ち向かっている姿には間違いなく真理がある」

「人が見て陳腐、愚かに見えるものの中にこそ真理が隠れている。寿命が100歳になろうかという時代です。サラリーマンは定年からが第二の人生じゃなくて、そこからもう一度人生をやり直すくらいの気持ちじゃないと」と、給料も上がらず、うつむきがちな中高年サラリーマンを鼓舞してくれたものだ。

 とかくダンディズムを貫くことが難しい時代に“大人の流儀”を体現した伊集院さん。作詞家としてのペンネームは伊達歩。まさに“男伊達”の生涯だった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽