著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

生田斗真「独立」決断の裏にキムタクの“CM白紙”問題と妻・清野菜名の主演ドラマ不調

公開日: 更新日:

 岡田准一(42)、嵐の二宮和也(40)に続き、「SMILE-UP.」(旧ジャニーズ事務所)からの独立を発表した生田斗真(39)。ジャニーズJr.時代、二宮、松本潤(40)、相葉雅紀(40)、生田の頭文字から、メジャー・デビューの可能性もあったグループ「MAIN」のうち、所属していたメンバー2人の相次ぐ独立発表には“運命のいたずら”すら感じる。

 そんな生田の周辺に変化が生じたのは今年7月頃。当時、生田はテレビ朝日“金曜ナイトドラマ”深夜枠で土屋太鳳(28)、向井理(41)が脇を固めるクオリティの高いドラマ「警部補ダイマジン」の収録中だった。その最中に飛び込んできたのが、事務所の先輩・木村拓哉(51)の「資生堂」CMが白紙になったというニュースだった。

 生田は普段から共演者やスタッフには当たりがソフトなことで知られるが、この時ばかりは口数も少なく、収録の合間には視線を遠くに何か物思いにふけっている様子だったという。

ジャニー喜多川氏による“性加害”問題の影響の大きさに加え、斗真が気にしたのが妻・清野菜名のCM契約だったと言われています。清野は21年12月から『資生堂』と契約していて、木村のCMが撤回されたという報道の直後には同社の新CM『アクアレーベル』のプロモーション展開が控えていました。このCMで清野が事務所の先輩・杏とも共演していることから、自分がジャニーズ事務所所属ということが、妻や杏にまで迷惑をかけるのではないか……と、斗真は随分思い悩んでいたようです」(芸能プロダクション関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路