TV各局「ジャニーズ問題検証番組」はお手盛り超薄味…テレ朝は報道機関の役割放棄

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏による性加害問題をめぐるテレビ各局の検証番組が放送される中、最後となったテレビ朝日が12日、「テレビ朝日 旧ジャニーズ問題検証」を放送した。

 最初はNHKが9月11日に「クローズアップ現代」で特集し、以降、日本テレビが先月4日の「news every.」で、TBSが同7日の「報道特集」で、フジテレビは同21日に、テレビ東京は26日の特番で放送。在京テレビ局としては最後となったテレビ朝日の検証内容に注目が集まっていた。

 テレビ朝日といえば「ミュージックステーション」にほぼ毎週ジャニーズタレントを起用し、ジャニーズ専用リハーサル室を提供。リハーサル室でのダンスレッスンをきっかけに、Jr.に昇格した少年も多く、Jr.が主役の番組「裸の少年」などもあり“Jr.の登竜門”的位置づけでもあった。

 番組ではジャニーズ事務所を「圧倒的にパワーバランスの上位にいる」として一部忖度はあったことを容認。キャスティングについては「後発の局で人気者は基本的にこちらからお願いしていた、特に旧ジャニーズ事務所は会社事だった」「あらがいにくい案件だという空気が醸成されていた」と明かしたが、しかしながら、リハーサル室が性加害の現場になったことに対する検証や、職員がハワイ旅行などの高額接待を受けていたことはスルー。

 論点を「なぜ週刊文春報道に対する判決を報じなかったのか」に重きを置き、現場担当者の「裁判があることを知らなかった」「当時はオウム事件で忙しかった」といったコメントを紹介。踏み込んだコメントは一切みられなかった。元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏がこう言う。

「報道機関としての役割を放棄してしまったことが、OBとして悲しいところ。“後発番組でジャニーズタレントに出て欲しい立場だった”“上層部が交渉・対応にあたっていた”ことは明らかな忖度。視聴者が一番“そこはどうなのか?”と思う点には触れず、最小限の反省でお茶を濁したと感じました。

 文春との判決を“裁判があることを知らなかったから”報じなかったという回答も、“当局に教えてもらわないと動かない”“独自にニュースを取ってくる力はなくなった”つまり“スクープを取って社会悪と戦う気はない”“テレビのニュースは信用するな”と公言してしまったと言っても過言ではないし、それに気づかないことが問題です。

 すでに英BBCがジャニーズ問題を報じてから半年以上が経過していますから、せめてその間の局としての対応について報じるべきでは。確かに、民放においては現場の人手不足、制作費削減で取材せずに時間を埋めることに注力している状況は否めません。今後はこうした環境を改善すべきだと思います」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮