次クール永野芽郁は気楽?フジ月9「ONE DAY」豪華キャストなのに“危険水域”で迫られる決断

公開日: 更新日:

 二宮和也(40)、大沢たかお(55)、中谷美紀(47)といった豪華な主役級を揃えたフジテレビ月9ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」。公式HPには《聖夜の1日を1クールで描く謎と奇跡と愛の物語》とあるが、7.8%でスタートした世帯視聴率は第2話以降5%台が続き、6日放送の第5話で4.8%と、ついに“危険水域”へ(数字はビデオリサーチ調べ=関東地区)。

「世帯視聴率はすでに古い尺度で、局サイドはほとんど気にしていないとはいうものの、“月9”ですからね。前クールのTBS日曜劇場『VIVAN』の好成績の直後だけに、“豪華キャストの考察もの”でこの数字はショックでしょう」(広告代理店関係者)

 ネット上でも、初回放送後から《話がとっちらかっていて見る気がしない》《考察する気にもならないばかばかしさ》《出演者がかわいそう》《前クールの迷走ドラマ『真夏のシンデレラ』はまだツッコミの楽しさもあったけど、こっちは寒いだけ》などなど酷評が並び、中には《月9を終わらせるテロ》なんて厳しい声もある。

「『VIVANT』の直後だったことや、その『VIVANT』にも出ていた二宮さんに対する“J関連”がらみの風当たりもあって、最初から斜めの視線で見られてしまったことも大きいかも。視聴率やネットの書き込みだけでネガティブな印象を持たれるのはかわいそうですね」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋