芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

木村佳乃「KUMON」CM“降板”の裏にあるジャニーズ性加害問題…上白石萌音に急遽交代

公開日: 更新日:

 木村佳乃(47)が歌う「くもん、い~くもん!」が好評だった公文教育研究会「KUMON」のCMが、突如、上白石萌音(25)と新津ちせ(13)に替わり、若い主婦層を中心に波紋が広がっている。

 木村がCMに出演したのは2021年11月からで、ママ友や先生らを通じて同社の学習方法のメリットを学んでいくというシリーズだった。

 これに若い主婦層からは「公文を選ぶメリットがわかりやすい」とか「塾選びで悩んでいた私は凄く参考になりました」という意見が多数寄せられ、生徒数の増加にも貢献したといわれていた。

「木村は若い主婦層の間では“理想のママ”と称されていると聞きます。木村は日本航空の役員だった父と、同じくJAL客室乗務員だった母を持ち、ロンドン生まれで成城学園出身。そんな木村を“清潔感”“育ちがいい”“知性を感じる”と絶賛する主婦たちにとって、木村と『公文』は相性の良さを感じたようです」(大手広告代理店関係者)

 ところが学習塾のCMキャラクターとしては非の打ちどころもない木村が、2年足らずで降板した。

「上白石のキャスティングが急場しのぎな感は否めません。共に『公文』OGだという上白石と新津がスタジオで久しぶりの教材に頭を悩ませるバージョンは、木村の“KUMONのふしぎ”シリーズと単純比較してもCM作りの手間暇のかけ方の違いを感じます。『公文』は契約満了に伴うキャラクター変更と言いますが、差し替えるために急いで制作した印象です」(前出の広告代理店関係者)

 また、ある大手芸能プロダクション関係者はこうも答えてくれた。

「急なキャラ変は、噂されている通り旧ジャニーズ事務所の“性加害”問題で夫の東山紀之さんが『SMILE-UP.』社長に就任したこともあるでしょうね。『SMILE』に籍を置くだけでも十分タレントとしてマイナスなのに、さらにそのトップに就任し被害者たちの交渉にあたるというのですからイメージダウンのリスクは甚大です。会見でのしどろもどろの対応や、その後に明かされた東山さん本人の過去の疑惑も拍車をかけました。さすがに新会社の社長兼任は辞退したものの、そんな人物を夫に選んだ木村さんに、有名小・中学校のお受験生を多数抱える学習塾がマイナスの影響を恐れるのは当然のことだと言えます」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる