広瀬すず「路線変更」のナゼ…主演orヒロインから「キリエのうた」ではインパクトある脇役に

公開日: 更新日:

 6人組ガールズグループ・BiSHの元メンバーで歌手のアイナ・ジ・エンド(28)が主演する音楽映画「キリエのうた」(岩井俊二監督)が話題になっている。同作は唯一無二の歌声を持ったキリエ(アイナ)の音楽が、降りかかる苦難に翻弄され、別れと出会いを繰り返しながら、絡み合う男女4人の13年間が描かれる感動作。

 10月13日に公開されると「国内映画ランキング」(興行通信社、10月13~15日)では初日から3日間で動員7万9000人、興収1億1300万円を記録してランキング4位に。注目すべきはキリエのマネジャーを買って出る謎の女性役を演じている広瀬すず(25)だ。

「映画『ちはやふる』シリーズがヒット後、ほぼ主演もしくはヒロイン役の作品ばかりだったが、今回はかなりインパクトのある脇役に回った。年齢を重ね、さらに、プライベートでは俳優の山崎賢人との交際が報じられているとあってこれまでとは“売り方”が変わっています」(スポーツ紙芸能担当記者)

 たしかに、昨年からいずれも主演作の「流浪の月」「映画ネメシス 黄金螺旋の謎」「水は海に向かって流れる」は大ヒットとはいいにくく、勢いに陰りが見え始めてきたという声もある。

「続々と後輩の演技派女優が台頭中。若いころは主役・ヒロインばかりだった広末涼子内田有紀も脇役に回って生き残った。長く女優を続けるには路線変更も必要ですから」(同前)

 広瀬はうまく“脱皮”できるか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで