島田洋七「もう一度花月で漫才を」…「がばいばあちゃん」印税問題で過去に吉本興業と遺恨も

公開日: 更新日:

 8年ぶりの新刊「お笑いがばい交友譚」(日本ジャーナル出版、11月6日発売)を出版する漫才師の島田洋七(73)。2011年に芸能界を引退した島田紳助さんが、本の帯に「洋七兄さんに憧れて入って芸能界 この人の弟弟子でよかった そして出会えてよかった」とメッセージを寄せているように、紳助さんと洋七が兄弟弟子であることを知る世代は、今ではかなり少ないだろう。

 洋七と筆者の関係は、かれこれ40年ほどになる。洋七は1982年スタートのフジテレビ系「笑っていいとも!」の前身番組「笑っている場合ですよ」でMCを務めていたが、同番組終了後、低迷期に入っていた頃の洋七に出会っている。

 1980年代以前の漫才師やお笑い芸人はコンサートの前座を務めるなど、歌手よりだいぶ格下だったが、洋七の「B&B」、ビートたけし(76)の「ツービート」、「ザ・ぼんち」らが第一次漫才ブームをけん引したことで、芸能界でのステータスとともにギャラも一気に上がった。その後しばらくして、洋七の盟友であるたけしとの縁が繋がることになる。

 たけしは86年12月に、写真週刊誌「フライデー」襲撃事件で芸能活動を謹慎。その後、当時、所属していた「太田プロダクション」から独立し、「オフィス北野」(現・TAP)を設立する。その後、筆者が女性週刊誌「微笑」(1996年休刊)でインタビュー連載を担当したことで、たけしと公私共に親しくなっていった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走