キムタクの“オワコン化”が加速…愛犬散歩写真にもファンはソッポ、事務所との温度差露わ

公開日: 更新日:

 木村拓哉(50)は「SMILE-UP.」(旧ジャニーズ事務所)と新たな契約を結ぶのか、それとも、完全独立するのか。そんな動向とともに、10月27日発売の「FRIDAY」(11月3日号)が木村が都内の大通りをペットの愛犬と散歩する姿を掲載した。「FLASH」や「週刊現代」もこぞって木村と愛犬の散歩姿を捉えているが、ほとんど話題になっていない。

ジャニー喜多川氏の性加害問題前であれば、木村のプライベート写真を堂々と掲載するメディアにファンの批判が殺到していましたが、最近は批判も称賛もありません。写真のレア感が薄れてきているのかSNSの反応が思いのほか鈍く、関心が薄れていることが伺えます。旧ジャニーズ事務所が解散を報告した最初の会見直後に発したあのコメントで一気に“キムタク離れ”が加速したのは間違いないでしょう」(スポーツ紙記者)

 9月7日の会見直後、木村は自身のインスタグラムを更新。〈Show must go on!〉というジャニー喜多川氏の言葉を引用したことで、大バッシングを浴びた。それまで木村を擁護していたジャニオタですら、「今の状況を全くわかってない」「ヒガシやイノッチが矢面に立っているのに自分はカッコつけることしか考えてない」と批判する側に回った。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで