忍成修吾「どうする家康」で圧巻の“目ヂカラ演技”!《顔がはっきり見えてないのにすごい》と絶賛の嵐

公開日: 更新日:

 徳川家康(松本潤)の決断で、佐和山城に隠居させられた石田三成(中村七之助)。事実上の左遷だ。家康は政治を意のままに行い、周囲から天下人と称されていた。そんななか、会津の上杉景勝(津田寛治)に謀反の噂が広がる。上杉成敗に向かう家康は、大坂を離れることに三成の策略が見え隠れし、一抹の不安を感じていた。

 白い布で顔を隠して登場した人物・大谷吉継(忍成修吾)は、豊臣家臣だが家康からも頼りにされる切れ者。家康にすっかり不信感を抱いている三成を諭すために友人として訪れた。顔を隠してるのは、ハンセン病とか、当時流行していた梅毒だったとも言われているが、この絹っぽい白布があまりに綺麗。目だけで病人だとわかるが、扮する忍成修吾の目ヂカラだけの演技に注目が集まった。

■「軍師官兵衛」「西郷どん」などに出演

 忍成修吾は、1981年生まれ千葉県出身。高校時代から雑誌モデルとして人気を博し、99年ドラマ「天国に一番近い男」で俳優デビュー。大河ドラマには「軍師官兵衛」「西郷どん」ほかに出演。「どうする家康」への出演に関して「家康の人生でもとても重要な場面に登場できて、病に侵されながらも優秀で義理堅いイメージの名将を演じられて光栄です」とコメントしている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい