田原総一朗に関口宏…高齢司会者に相次ぐ番組中の醜態 そして際立つタモリの圧倒的“安定感”

公開日: 更新日:

 10月20日に放送された「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で司会を務めたジャーナリストの田原総一朗氏(89)が番組中、発言している出演者に向かって「うるさい!黙れ!」などと怒鳴りつけ、X(旧ツイッター)で謝罪する事態となった。

 この日の番組は、「与野党大激論!これでいいのか?!日本の政治」をテーマに行われ、与野党の国会議員が出席。田原氏は、パネリストとして参加した国民民主党玉木雄一郎代表(54)が、日本の大学で研究開発費が大幅に減らされていることを問題視し、「こんなことではこの国から新しい技術やイノベーションが出てこない」などと指摘。すると、田原氏は「そういう難しいことはともかく……」と遮り、さらに発言を続けた玉木氏に向かって「うるさい!黙れ!」と声を張り上げ、にらみつけたのだ。

 SNS上では、このやり取りを見たと思われる視聴者から、《司会者がパネリストに向かって黙れ!うるさい!とは…。討論番組でも何でもないな》《そもそもパネリストを招いたのは誰?依頼を受けて番組に出て発言したら、うるさいと怒鳴られる。冗談じゃない》《これはパワハラじゃないのか。田原はどういう立場で玉木氏を怒鳴りつけたのか》といった批判の声が続出した。

 パネリストを意図的に挑発しながら「本音」を聞き出すという手法が田原氏の“持ち味”とはいえ、今回はやり過ぎだったよう。田原氏は22日、Xで《心から反省してます。ご指摘感謝致します》などと投稿する展開となった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も