著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

破滅型で無頼派 霜降り明星・粗品の他の追随を許さない勝負強さ

公開日: 更新日:

「金なさすぎて、こないだ1万円札拾ったんですけど、よう見たらダブルチーズバーガーの包み紙でした」
粗品TBS系「オールスター感謝祭」10月14日放送)

  ◇  ◇  ◇

「『オールスター感謝祭』に打ち込みすぎて、『オールスター感謝祭』を代表して来ました」と言う霜降り明星・粗品(30)。その言葉通り、本来、宣伝を兼ねて各番組を背負って出演する「オールスター感謝祭」に、粗品は「感謝祭」の“代表”として出演した。

 徹底して予習などをしてきた粗品は、クイズ王・伊沢拓司らに競り勝ち、代表者らしく見事に2度目の優勝を果たしたのだ。

 番組では途中、粗品の借金額と巨人の選手の平均年俸の金額が多いのはどちらか、を問うクイズが出題された。

 正解は「1億円弱」もあるという粗品の借金。その際、コメントを振られ、粗品が明かしたエピソードが今週の言葉だ。

 昨今、脚光を浴びている、いわゆる「クズ芸人」たちの借金額とはスケールが違う。確かに以前、粗品は「僕が(借金額を)言ったら、すべての人(クズ芸人)の仕事がなくなると思う」と語った上で「僕の借金の5分の1の借金額の漫画のキャラクターが、山で木に縛られて虫に食われてました」(テレビ朝日系「芸人シンパイニュース」22年1月7日)などと笑っていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた