《#ジュリーさんありがとう》がトレンド入り…藤島氏“神格化”でジャニーズ事務所は幕引き

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所は16日で、創業61年の歴史に幕を下した。この日、X(旧ツイッター)には、《ジャニーズ事務所ありがとう》と《ジュリーさんありがとう》がトレンド入りした。

 ジャニオタと呼ばれるファンからは、新会社「SMILE-UP.」で100%株式を保有する取締役・藤島ジュリー景子氏(57)への感謝の言葉であふれていた。

 ジュリー氏の先月7日の会見での涙をぬぐう姿や、今月2日の手紙が心に響いたのだという。

 1回目の会見では、ジュリー氏が「みんながそういうこと(性加害)があって今スターになっているわけではなく、ひとりずつのタレントが本当に努力して、そしてそれぞれの地位を勝ち取っている」と訴え、ファンの気持ちを代弁してくれたと絶賛。2回目の会見では、手紙を通して母親である故メリー喜多川氏との歪んだ母娘関係や自身のパニック障害について告白し、同情を買った。

「1回目の会見で彼女は被害者への謝罪よりも、所属タレントへの思いが全面に立った印象でした。涙をぬぐったのもそこだけ。ただ、ファンには被害者たちが“ジャニーズ事務所をイジメている”という構図に受け止めていますから、ジュリーさんの涙に感謝の声が相次いでいました。2回目は、副社長でタレントの井ノ原快彦(47)に手紙を代読させましたが、ここでも、被害者への思いは事務的に済ませ、身の上話が中心。しかも、会見は2時間しかないのに、長い文章で代読に時間が割かれました。ジャニー氏やメリー氏が悪いことは伝わりましたが、創業家として経営を引き継いだからにはジュリーさんにも説明責任はあります。結局、ジャニーズ事務所の創業家としてのジュリーさんは、言い訳ばかりで十分な説明は聞けずに終わりました。5月の時点で、性加害問題は『知らなかった』と動画謝罪で済ませたのが、彼女の姿勢でしょう。もっとも、極力矢面に立たずに、身の上話やタレント擁護をするスタンスが、ファンにはイメージアップになりましたが。結局、マスコミからのバッシングも、東山紀之社長(57)や井ノ原さんに集中したんですけどね……」(ジャニーズ取材をする週刊誌記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今