桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

NHK朝ドラ「ブギウギ」ヒロイン趣里そっくり! “絶妙な子役”澤井梨丘って誰だ?

公開日: 更新日:

 朝ドラ「ブギウギ」が始まった。「東京ブギウギ」で知られる笠置シヅ子がモデルでヒロインの花田鈴子を趣里(33)が演じる。

「戦後まもない日本。戦争の傷跡が生々しく、先の見えない世の中に多くの日本人が不安を抱えていた頃、人々を楽しませ励まし、生きていく活力を与えたひとりの女性がいました……その女性は女手一つで子供を育てる未婚の母でした」という高瀬耕造のナレーションから物語が始まった。

 生涯のライバルとなる歌手・茨田りつ子(菊地凛子)、作曲家・羽鳥善一(草彅剛)もチラッと顔見せ。満場の観客を前に「東京ブギウギ」を熱唱した。

 ちなみに茨田のモデルは淡谷のり子、羽鳥は服部良一。はっとりがはとり、良が善。実在の人物をもじった役名が面白い。

 オープニングの後、時代は大正15年に遡り、少女時代の鈴子にバトンタッチ。鈴子演じる澤井梨丘は12歳、舞台や映画の出演経験はあるが、ドラマはこれが初というから大抜擢だ。選ばれた理由は、誰がどう見たって、お顔が趣里にそっくりなのだ。

 亀を愛する弟・六郎役の又野暁仁は、「スカーレット」「おちょやん」「カムカムエヴリバディ」「舞いあがれ!」と、10歳ながら大阪制作の朝ドラに連続出演する人気子役だ。「舞いあがれ!」では都会の学校に馴染めず、母と2人で五島列島にやってきた、星が好きな男の子、朝陽くん、といえば覚えている人も多いのでは。

 鈴子の家は大阪・福島の銭湯「はな湯」。そこに集まる客の中に、朝ドラでお馴染みの顔がもうひとり。指圧師アサ役の楠見薫。「ふたりっ子」以来、今回が10作目の朝ドラ出演。「あさが来た」で女中頭を演じて「ほんに、ほんに」の相づちで注目された。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい