吉沢亮が“ジャニーズ枠”を制する日 イケメン&演技力&オタク「全方位よし」武器に領土拡大

公開日: 更新日:

 イベントでは、休日の日の過ごし方を聞かれ「オフの日は……インドアな人間なので一日中ゲームしたり、マンガ読んだり」と意外な私生活を吐露。挑戦したいことについても「食事は、基本は配達していただいて、みたいなのが多いんですけど、料理に挑戦したら面白いのかな」と語った。そんな「全方位よしが吉沢のキモ」と、コラムニストの桧山珠美氏が人気の理由をこう分析する。

■次世代エースの伸びしろに期待

「ViViの国宝級イケメンランキングで殿堂入りするほどのルックス、それを否定しないで受け止める嫌みのないキャラクター。それでいてフタを開けてみればオタクというギャップが親近感を生み、人気になっている。どこかイケメンは演技がイマイチというイメージですが、大河ドラマで渋沢栄一役を完走し、今のマツジュン家康と比べることで、吉沢さんの実力がさらに際立っている。アイリスオーヤマのお米など、ちょっとコメディータッチのCMやバラエティーもこなせる。オタク志向だけどフレンドリー、コミュ力も高い。BTSなどグローバルアイドルにも通じる“全方位よし”がトレンドにもマッチしていると思います。ジャニーズがいない今、吉沢さんの領土拡大は確実。所属事務所アミューズ福山雅治佐藤健から続く王道のイケメン枠の次世代エースの伸びしろに期待です」

 ぽっかり空いたジャニーズ枠を制するひとりになりそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」