補償会社は分離で“ジャニーズ不動産”として再出発か…大手デベロッパーが超一等地に虎視眈々

公開日: 更新日:

「事務所のタレントを起用することは性加害を企業が認めることで、国際的には非難の的になる。事務所で働くタレントの方々には大変心苦しいことはあるが、ほかの事務所に移るなどいろんな手があるのではないか」

 故・ジャニー喜多川氏(享年87)の性加害問題に関するジャニーズ事務所の対応に厳しい態度を示したのが、経済同友会代表幹事でサントリーホールディングス社長の新浪剛史氏。財界を代表する大スポンサーによる〝タレントの移籍〟勧告は、同事務所と長年、蜜月関係を築いてきた民放キー局にも波紋を広げている。

 10月2日、今後の会社運営方針について記者会見をするジャニーズ事務所に対しては、被害者への補償とタレントのマネジメントの分離を促す声が根強い。

TBSの佐々木卓社長は報道機関としての役割を果たせていなかったと反省しながらも、現在契約しているジャニーズタレントの出演継続を明言。それに対して、同局役員待遇の安住紳一郎アナは、『検証や改革が足りないと自覚している』とコメント。日テレの石澤顕社長はさらに踏み込んで、ジャニーズ事務所に社名の変更、補償とマネジメントを行う組織の分離の再検討を促しています」(芸能ライター)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変