大沢たかおが50代で手にした“カリスマ性”…映画「沈黙の艦隊」主演までの紆余曲折

公開日: 更新日:

 来年1月に「ゴールデンカムイ」の実写映画が公開されることが発表されたが、この作品の制作を手掛ける会社が「キングダム」(2019年、22年、23年)シリーズを大ヒットさせているクレデウス。この制作会社は「銀魂2 掟は破るためにこそある」(18年)や「今日から俺は!! 劇場版」(20年)などもヒットさせ、今や漫画原作の実写映画では中心的存在に成長した。その会社を率いる松橋真三プロデューサーが、大沢たかお(55)主演で仕掛ける新作が「沈黙の艦隊」(9月29日公開)である。

 これは1988~96年に雑誌連載された、かわぐちかいじ原作による漫画を、時代を現代に設定して映画化したポリティカルアクション。日米政府が秘密裏に建造した原子力潜水艦の乗組員に抜擢された海江田四郎艦長以下76人が、処女航海に出て潜水艦ごと逃亡。海江田はこの潜水艦を独立国“やまと”とし、自ら国家元首を宣言する。

 米国はアメリカ第7艦隊所属のこの艦を撃沈しようと動き出し、日本側は“やまと”を捕獲しようと、海江田と過去に因縁のある深町が艦長を務めるディーゼル潜水艦「たつなみ」を派遣する。日米の脅威を前に、海江田たち“やまと”の乗組員が神業的な操船技術を駆使して、危機をくぐり抜けていく様を描いた一大エンターテインメントだ。Amazon Studiosが日本の劇場用映画を製作するのは初で、そのスケール感は大作並み。言ってみれば勝負作の一本の主演に、大沢たかおが起用されたわけだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道