本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

三國連太郎さんがラジオに飛び入り出演! 大俳優からいちファンの顔になった瞬間

公開日: 更新日:

 30年近く前に、日本を代表する俳優、三國連太郎さんがオール阪神巨人さんのラジオに飛び入り出演されたことがありました。

 土曜日の朝、7時15分から10時までやっている朝日放送ラジオの長丁場の番組でした。本番前日の夜遅くに、プロデューサーから一本の電話が。何か事故があったのかと思い、緊張ぎみに電話に出ると「明日の本番に三國連太郎さんが見学したいって言われてるらしいんやけど、どうしよう?」という内容でした。思いもよらない内容にビックリというより「なんで?」という気持ちの方が強かったように記憶しています。

 聞くと、三國さんは番宣で土曜の朝、朝日放送のテレビに出演される予定で、前日、朝日放送に挨拶に来られた時に、阪神・巨人さんのラジオ番組のポスターを見かけ「僕、阪神・巨人さん好きなんだよね。話してらっしゃるところを外からでも見られないかな?」とテレビのプロデューサーがお願いされたというのです。あまりの大物に「外から見学だけしてもらうのはもったいないんで、番組に出演してもらうことになったから、よろしゅう頼むわ」ともうすでに話は進んでいたのでした。実は三國さんのファンだった私は「まさかラジオのスタジオでお会いできるなんて!」と大喜びでした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道