「VIVANT」最終回の後は「なんうま」でクールダウン?《久々の野島ワールドにハマる》の声

公開日: 更新日:

 いよいよ17日に最終回で話題沸騰、堺雅人(49)主演のTBS日曜劇場「VIVAN」。11%台で始まった世帯視聴率も右肩上がりに数字を伸ばして第5話で14%台に達し、直近のラス前、第9話では14.9%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、ぶっちぎりの独走だ。

「その前週の第8話も同じ14.9%でしたから、局サイドからしたらやや不満かも。10日は第9話のスタートを30分遅らせて、その前に生放送特番を組むなど編成的にも力が入っていましたから」(広告代理店関係者)

 とはいえ、放送後のネット上の芸能ニュースは「VIVANT」か「ジャニーズ」のネタが席巻。そんな“化け物級ドラマ”が最終回を迎える17日に第6話を放送するのが、飯豊まりえ(25)主演の「何曜日に生まれたの」。テレビ朝日が今年の春クールに新設したABC制作の連ドラ枠の2作目で、他のドラマより3~4週遅い8月6日にスタートしている。

 地上波連ドラは5年ぶりという野島伸司氏によるオリジナル脚本で、《ラブストーリーか、ミステリーか、人間ドラマか、社会派か。先が読めない予測不能の衝撃作》(公式HPより)という触れ込みだったが、“謎”や“衝撃”なら、その直前に放送されている「VIVANT」にさらわれてしまっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道